excitemusic

持て余した暇と、長すぎた足の指
by d0pey
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


iceland airwaves 2006 *** fri with Sun***

ヤウ!!!
ヤウ!!!
ヤウ!!!


さて・・・
まずは前回の旅の途中寒すぎて勝手に作った妖精言葉を訳と共に復習です。

Samfos (サムフォス) 
寒いね。
Hérnérr (ヒエルネール ※巻き舌) 
寒さがしみるね

今回の旅ではちょっとした予備知識を持ってた為、応用編も生まれました。

Skál (シクァーロォ) 
乾杯。これは正式なアイスランド語。元gusugusのダニエルさんに教えてもらった。ホテルから外に出るときにはこの掛け声と共にウィスキー&ウォッカをバシっと決めるのが恒例となる。
Sikko Morelnenn (シッコ モレルネン) 
⇒見れなかったけど、今回のairwavesでシガロスのキュータンも参加したアーティスト、Siggi Armann(シッギ アルマン)に敬意を表しながら、おしっこが漏れそうであるという意。
Samuhersson Kosginen (サムヘルソン コスギネン) 
⇒mumでサポートドラムを勤めるSamuli Kosminen(サムリ コスミネン)のプレイがパンパないことを念頭におきつつ、寒すぎて屁が止まらない小杉の屁もハンパなく臭い(外人の屁と同じ臭い)であるという意。

以上、渡氷したときには使ってね(はぁと)。


********【fri with Sun *今日も天気だほんわか日和 * 】********

ってことで華の金曜日。

ゆっくり起きてホテルでウコンに助けられながら朝食を取る。
この日は初めての氷国組はゴールデンサークルツアーに行っているので、
b0010933_18195680.jpgお昼頃から街をプラプラし、kirakiraちゃんを見にKaffi hijomalindへ向かう。

 こじんまりとしたカフェに入るとすでにブロンドおねえちゃんがギター一本弾き語り。
身内とか友達とかが見に来てる感じでとてもアトホーム。曲のしんみりした流れと家族の暖かい雰囲気とに包まれながら、カフェラテでシクァーロォ。

 その後、Haraman bandというおっちゃんの弾き語りを観賞。これも知り合い同士でやったバンドという感じで、音はどうってことないんだけど、なにせアイスランドでこんな風に現地の人とゆったりしているって状況がたまらなく幸せ。

 しかし、いくら待ってもkirakiraちゃんはこない。
ここはどこか、今日は何日、何曜日、さらには2006年かどうか根本的に疑って
タイムテーブルと見比べてみるが、別に間違ってない。
結局カフェのにーちゃんに聞いてみたらkirakiraちゃんは明日に変更だってさ。
まぁ、こんなもんでしょアイスランドは。

***************************************************************
★ Hvarf (at Kaffi hijomalind)

kirakiraちゃんもやらないことだし出ようとすると、次のセットのジャンベ3つとディジュリジュが出てくる。
これは面白そうだぞと思いもう一度着席。
b0010933_1935624.jpg
 するとジャンベの「どぅぉうん」と言う音が鳴り出し、ジャンベ高中低トリオ&ディジュリジュ&ベース&タムタムのセッションの始まり。
途中、祖国に似た臭いを嗅ぎつけたのか、リュックに5本くらい竹の縦笛をさした恐らくインド人が、マイクを奪って飛び入り参加。トミーも持ち前の口琴で対抗するも音量が小さすぎて断念。
b0010933_19362966.jpgインド人のピーヒャラリーという笛にHvarfも最初は楽しいそうだが、しばらくたってもインド人もう止まらない。バンドメンバーの「まだやるのか、空気嫁」的な表情の織り成すハーモニーも見事に決まり、最後はみんなで合わせたリズムでバシっと決めて終了。
思わぬところで良いセッションを見れたわ。



**************************************************************

★ Patrick Watson(CAN) (at 12tónar)
Reykjavik!のタイムテーブルに合わせて行くがトナーは押してるらしく、ちょうどその前のカナダから来たバンドのライブが始まる。
キーボード兼ボーカル&ギター&ベース&ドラムで、音も非常に良い感じ。
程よいポップ感とキーボードもしくはギターエフェクターでの効果音で、
メリハリもしっかりしていて凄く聞きやすくて良い良い。
このバンドは日本に帰ってから改めて聞いてみよっと思ったくらいオヌヌヌです。

途中ドラムがテンション上がりすぎてメタクソにドラムを叩き鳴らし、
おで達もあがる。

しかーし、このバンドの一番の見所と言ったらボーカル。


ボーカルの声?
いや、美声だしとてもいいよ。


・・・でも


一番見せたいのは顔。

                ↓ 最初はここまで・・・
b0010933_19555573.jpg


            ↓ でも、これがテンションあがってこうなって
b0010933_19574138.jpg




         ↓ いろいろ、しているうちにクライマックスには
                       
                       
                       
                       
                       

                    こう!!!

b0010933_2013663.jpg




お後がよろしいようで。
ここでお天道様はお休みして、ここからはお星様のお時間です。
[PR]
by d0pey | 2006-10-26 18:02
<< iceland airwave... iceland airwave... >>